ONIGIRI Fundingの評判、口座開設、最新情報

ONIGIRI Fundingは、1万円から始められる不動産投資型クラウドファンディングです。2008年に設立され、不動産投資関連サービスを手掛けるきらめき不動産株式会社が運営しています。

案件の想定利回りは8%と高い水準のため、効率のよい運用が可能です。また、投資家の元本安全性を高めるため、運営元が30%の劣後出資を行っています。

現在の募集案件は店舗・共同住宅の1件で、きらめき不動産株式会社が所有している物件です。運用期間は6ヶ月前後と短期で募集方式は先着式です。資金の拘束期間が短いのがポイントです。

2020年10月にスタートしたばかりのサービスですが、運営元を見る限り、今後も神奈川や東京エリアの少額資金・高利回り案件が揃いそうです。

実績
利回り
情報公開
事業者リスク
始めやすさ

スコアは100点満点です。またスコアの算定基準についての詳細はサービスのスコアの算出方法についてをご覧ください。


ONIGIRI Fundingの新着のファンド

最終更新日:2020/10/28
ファンド名 利回り 運用期間 募集総額 応募開始日
グランツ・シュロス 8% 6か月 1,000万円 2020/10/01

ONIGIRI Fundingの最新のニュース

ニュースはありません。

最新キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

編集部セミナー取材

取材記事はありません。


先月の実績

公開ファンド数
(総額0円)
利回り %
運用期間 ヶ月

3つの特徴

POINT 01

1万円から投資ができて高利回り

POINT 02

投資家元本が守られる仕組みを採用

ONIGIRI Fundingは、投資家の元本の安全性を高めるために、運営元がプロジェクト全体の30%に出資をしています。これにより、プロジェクトの価格が下がっても、30%までの下落であれば投資家の元本が目減りすることはありません。 このように、ONIGIRI Fundingでは30%の劣後出資を行っているため、損するリスクを低く抑えることができます。「投資元本が減ったらどうしよう」と不安を抱える初心者も安心感を持って投資が可能です。

POINT 03

運営元は不動産投資のプロフェッショナル

ONIGIRI Fundingの運営元きらめき不動産株式会社は、AIを使った不動産投資物件のリサーチや収支シミュレーション、専属のマネーコンダクターなどのサービスを提供しています。不動産投資関連サービスに特化をしており、データを使って投資家のリスクを減らし、利回りの最大化を実現します。 運営元が不動産投資のプロフェッショナルであるため、ONIGIRI Fundingでも厳選された好条件の案件が登場することが予想されます。


投資を始めるまでの手順

現在作成中です。


サービス概要

サービス名 ONIGIRI Funding
サービス開始日 /

企業概要

企業名 きらめき不動産株式会社
設立日 2008 / 07
本社所在地 神奈川県横浜市西区桜木町5-26-12-2F
代表者 後藤 聡志
資本金 100,000,000円
上場 未上場

おすすめのソーシャルレンディングサービス