Daimlar Fundの評判、口座開設、最新情報

DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)は、2007年に設立されて、公認米国不動産投資顧問の理論に基づき不動産投資コンサルティングを行う、株式会社ダイムラー・コーポレーションが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

最低投資金額は10万円になります。現在募集している案件は、板橋本町のマンションで募集総額は700万円、運用期間は6ヶ月、予定利回りは7.0%です。

約30%の劣後出資もあるため、投資家は元本減少リスクを低減することができます。また、先着方式ではなく抽選方式を採用しているので、誰にでもチャンスがあります。

不動産投資コンサルティングで多くの実績を持つダイムラー・コーポレーションが厳選した物件に投資が可能です。案件数はまだ少ないですが、今後が期待される不動産投資型クラウドファンディングの1つです。

実績 60
利回り 80
情報公開 70
事業者リスク 70
始めやすさ 70

スコアは100点満点です。またスコアの算定基準についての詳細はサービスのスコアの算出方法についてをご覧ください。


Daimlar Fundの新着のファンド

最終更新日:2020/10/28
ファンド名 利回り 運用期間 募集総額 応募開始日
001 板橋本町マンション 7% 6か月 700万円 2020/09/20

Daimlar Fundの最新のニュース

最新キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

編集部セミナー取材

取材記事はありません。


先月の実績

公開ファンド数
(総額0円)
利回り %
運用期間 ヶ月

3つの特徴

POINT 01

不動産投資のプロフェッショナルが運営

DAIMLAR FUNDを運営する株式会社ダイムラー・コーポレーションは、公認米国不動産投資顧問の理論に基づき不動産投資コンサルティングを行っている、不動産投資のプロフェッショナルです。2007年設立で横浜に本社を構え、関東エリアを中心に活動しています。 コンサルティング不動産投資を成功させるための多くのノウハウを持っています。 DAIMLAR FUNDでは、不動産投資のプロが厳選した物件に投資・運用することが可能です。

POINT 02

短期運用、高利回り

DAIMLAR FUNDは、運用期間が短めで予定利回りは高い水準です。運用期間が2年〜3年程度の不動産投資型クラウドファンディングも多いなかで、6ヶ月程度と短く、投資資金が長期間縛られずに済みます。 また、2%〜3%前後のサービスもあるなかで、DAIMLAR FUNDの予定利回りは7.0%前後と高めです。短期運用でも多くのリターンが期待できます。資金拘束期間が短く、利回りが高いので効率のよい投資が可能です。

POINT 03

元本減少リスクを低減

DAIMLAR FUNDでは、投資家の元本減少リスクを低減するために優先劣後出資方式を採用しています。優先劣後出資方式の採用によって、不動産の売却価格が購入価格より下がったとしても、運営元の劣後出資の範囲内であれば投資家の元本は減少しません。 DAIMLAR FUNDの劣後出資割合は案件ごとに異なります。約30%の劣後出資もあるため、元本減少リスクを抑えることが可能です。「投資を始めたいけど、できるだけ元本割れは避けたい」という方でも安心できます。


投資を始めるまでの手順

現在作成中です。


サービス概要

サービス名 Daimlar Fund
サービス開始日 2020 / 10

企業概要

企業名 株式会社ダイムラー・コーポレーション
設立日 2007 / 11
本社所在地 神奈川県横浜市中区尾上町6-87-1 ダイムラービル
代表者 大村昌慶
資本金 10,000,000円
上場 未上場

おすすめのソーシャルレンディングサービス