TREC FUNDINGの評判、口座開設、最新情報

TREC funding(トレックファンディング)は、東証一部上場企業のトーセイ株式会社が運営しています。

トーセイグループは、開発や再生販売、賃貸、仲介など幅広い不動産関連事業を手掛けていて、培ったノウハウを生かして運用しています。

投資対象は首都圏エリアの物件に特化しており、32項目の独自チェックポイントを用いた物件再生も行っています。

最低投資金額は10万円からで、運用期間は3年程度と長期です。短期運用よりも多くのリターンが期待できます。

2020年7月にスタートしたばかりのサービスなので、案件は8月に募集開始した1件のみです。運営元が上場企業で安心感があり、リスクの低い東京都内の不動産に投資できるのが魅力です。

実績 80
利回り 80
情報公開 90
事業者リスク 100
始めやすさ 80

スコアは100点満点です。またスコアの算定基準についての詳細はサービスのスコアの算出方法についてをご覧ください。


TREC FUNDINGの新着のファンド

最終更新日:2020/10/28
ファンド名 利回り 運用期間 募集総額 応募開始日
TREC1号 世田谷区用賀マンション投資ファンド 7% 36か月 1億6,240万円 1970/01/01

TREC FUNDINGの最新のニュース

ニュースはありません。

最新キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

編集部セミナー取材

取材記事はありません。


先月の実績

公開ファンド数
(総額0円)
利回り %
運用期間 ヶ月

3つの特徴

POINT 01

東証一部上場企業のトーセイが運営

TREC fundingを運営するのは、東証一部上場企業のトーセイ株式会社です。1950年設立で資本金は6,600,204千円、売上高は600億円超(2019年11月期)で、不動産流動化事業や不動産開発事業、賃貸事業、ホテル事業、管理事業、不動産ファンド・コンサルティング事業などを手掛けています。 未上場の企業が運営する不動産投資型クラウドファンディングも多いなかで、TREC fundingは東証一部上場企業が運営するので高い信頼性があります。

POINT 02

厳選された都心の不動産が対象

TREC fundingを運営するトーセイは、東京を中心とした首都圏エリアの不動産に特化しています。首都圏エリアの不動産は国内外から多くの需要が見込め、安定した収益を生み出すことが可能です。 年間売買契約件数約400件、アセットマネージメント受託資産残高8,464億円など、トーセイは実績豊富で幅広い不動産関連事業ノウハウを持っています。TREC fundingは不動産のプロであるトーセイが厳選した物件に投資できるのが魅力です。優良物件の運用で安定したリターンが期待できます。

POINT 03

長期運用により多くのリターンが期待できる

TREC fundingの不動産投資型クラウドファンディングは、最低投資金額が10万円で運用期間は3年前後と長めです。 運用期間が3ヶ月〜6ヶ月前後と短い不動産投資型クラウドファンディングも多いですが、TREC fundingは運用期間が長いため、より多くのリターンを獲得することが可能です。 「余裕資金で投資をしているので、できるだけ多くのリターンを得たい」と考えている方におすすめです。


投資を始めるまでの手順

現在作成中です。


サービス概要

サービス名 TREC FUNDING
サービス開始日 2020 / 06

企業概要

企業名 トーセイ株式会社
設立日 1950 / 02
本社所在地 東京都港区虎ノ門四丁目2番3号
代表者 山口 誠一郎
役員
上場 東証1部
株主 ・山口誠一郎 ・有限会社ゼウスキャピタル ・KBL EPB S.A. 107704 ・SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT ・日本マスタートラスト信託銀行株式会社 ・GOVERNMENT OF NORWAY ・日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 など

おすすめのソーシャルレンディングサービス