貸付型クラウドファンディング「Wealth Concierge」が第一号案件を満額で達成!

公開日:

GCM S1証券株式会社が運営する貸付型クラウドファンディング「Wealth Concierge」が記念すべき第1号案件を満額で達成しました。

Wealth Conciergeは2021年4月1日にオープンした貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。

この記事は、満額達成した1号案件の詳細と、Wealth Conciergeについて解説します。

第1号案件の内容について

ファンド名 不動産担保ローンファンド1号
貸付先の事業について GCM アセットマネジメント株式会社への投資
募集総額 70,000,000円
最低投資金額 1万円​
運用期間 12ヶ月
予定利回り 5.0%
募集期間 2021年10月5日〜2021年10月18日
募集方式 先着式

「不動産担保ローンファンド1号」は東京都文京区根津に所在する1階に商業施設、2階以上に居住施設を有するビル1棟(本物件)を担保とする「シニアローン」への投資となります。本物件を取得する不動産会社(本借入人)に7,000万円の貸付を行うファンドです。

出典:Wealth Concierge

Wealth Conciergeとは

Wealth ConciergeはGCM S1証券株式会社が運営する貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。

また、Wealth ConciergeではeKYCを導入しており、口座開設時の本人確認もスマホで手早く完結でき、気軽に投資が可能なサービスです。

様々な金融商品を販売するGCMグループが運営しているので、資産形成のサポート・ノウハウも豊富です。

目標利回りを年5%〜12%と、他のソーシャルレンディングサービスと比べても高い水準なので、今後の案件にも投資家から注目を集めています。

まとめ

Wealth Conciergeが第1号ファンドを満額で達成しました。

2021年4月にリリースされ、満を時しての10月からのファンド募集開始ですが、短期間での募集額達成となります。

今後はさらにリターンの高い案件が募集される可能性もありますので、気になる方はまず会員登録だけでも済ませておくと良いかもしれません。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加