運用期間24ヶ月のインカムゲイン型ファンド!TECROWDが7/14より新ファンドの募集を開始!

公開日:

TECRA株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング「TECROWD」が新しいファンドの情報を公開しました。

TECROWD32号ファンド 障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」は、インカムゲイン型ファンドで、運用期間は24ヶ月、想定利回りは5.50%です。

物件の稼働率は90%で、グループ会社とマスターリース契約を結んでおり、安定的なキャッシュフローが期待できます。

この記事では、TECROWD32号ファンドについて解説します。

第32号ファンドの詳細について

ファンド名 TECROWD32号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」
物件対象 グループホーム「AMANEKU平塚徳延」
募集総額 72,100,000円
最低投資金額 100,000円
運用期間 24ヶ月
想定利回り 5.50%
募集期間 2022/07/14〜2022/07/31
募集方式 先着式

本ファンド(TECROWD32号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」)の対象物件は、神奈川県平塚市徳延にある木造2階建の障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」です。

「AMANEKU平塚徳延」は、TECROWD10号ファンドで開発後、TECRA株式会社の固有資産として振り替え償還しました。フリーレント期間後、賃料収入が発生し始めたこともあり、インカムゲイン型ファンドとして新たに運用を行います。

2021年11月竣工で、2022年2月に女性専用グループホームとしてオープンしています。神奈川中央交通「神明下」バス停より徒歩2分で、スーパーやドラッグストア、銀行などが徒歩5分圏内の利便性の良い立地です。

現在、全10室のうち9室が入居済みとなります。グループ会社である株式会社AMATUHIが運営し、マスターリース契約も結んでいます。入居者は生活保護や年金、補助金対象などであるため、安定的なキャッシュフローが期待できる案件です。

募集総額は72,100,000円、想定利回りは5.50%です。

TECROWDについて

TECROWDは、10万円から始められる不動産クラウドファンディングです。日本や新興国のオフィスビル、レジデンス、グループホームなどに投資ができ、平均8.0%以上の高い利回りで運用できます。PCやスマホを使ってオンラインで完結するため、手軽に不動産投資が可能です。

優先劣後構造により元本割れリスクを軽減し、投資家を守ります。取引のすべてを円建てで行うなど、為替変動に対するリスクヘッジをしています。また、出資金の安全性を担保する分別管理を行うなど、初めて不動産クラウドファンディングを利用する方でも安心です。

まとめ

TECROWDが7/14から募集を開始する障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」は、運用期間24ヶ月で想定利回りは5.50%です。マスターリース契約を結び、入居者は年金や生活保護、補助金などの対象であるため安定的なキャッシュフローが期待できます。

TECROWDを活用すれば、国内外のさまざまな不動産に手軽に投資が可能です。

TECROWD32号ファンド 障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」に興味がある型は、ぜひ会員登録をして投資を検討してみましょう。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加