タスキFundsで会員登録・投資家登録の受付開始!

公開日:

株式会社タスキは2020年10月20日、運営する不動産投資クラウドファンディングサイト「タスキFunds」での会員登録の受付を開始したと発表しました。

タスキFundsの動向が気になっていた人も多いはず。そこで今回は、タスキFundsの現状について紹介していきます。

タスキFundsとは

まずタスキFundsとは、株式会社タスキが運営する不動産投資クラウドファンディングサイトのこと。1口10万円から投資でき、オンライン上で全ての手続きが完了する不動産投資サービスです。

運営会社のタスキ社は2020年10月に、東証マザーズに上場した企業です。不動産事業「Live Mana(リブマナ)」で知識やノウハウなどを培っており、タスキFundsでは「豊富な経験をもとに優良な物件を投資対象とする」とのこと。

不動産のプロが運営するので、案件にも期待が持てます。

また、他の不動産投資クラウドファンディングサイトでも導入されている優先劣後方式をタスキFundsでも採用するとのことで、投資家はリスクを抑えて投資できます。

タスキFundsで会員登録の受付開始

以前は、サイト自体は既に公開されていましたが会員登録はできない状態でした。ですが、2020年10月20日から会員登録が可能に。

なお会員登録だけでなく、投資家登録の受付も開始しています。

会員登録と投資家登録の流れについては、以下の通りです。

案件については不明

タスキFundsで今後どのような案件が募集されることになるのか、詳細は不明です(2020年10月時点)。

ですが会員登録ができるようになったこともあり、会員数をある程度確保できれば、 近いうちに第1号案件についても公表されるのではと考えられます。

タスキFundsが気になっている人は、早めに登録を済ませておくのも良いかもしれません(一般的に、本人確認ハガキを受け取るまでには1週間ほどかかるため)。

まとめ

今回は、不動産投資クラウドファンディングサイト「タスキFunds」で会員登録の受付を開始したというニュースを取り上げました。

2020年10月20日から、会員登録と投資家登録を受け付けています。

案件については未発表ですが、会員数をある程度確保できれば、近いうちに第1号案件についても公表されるのではと推察されます。

一般的に投資家登録には1週間ほどかかるので、タスキFundsに興味がある人は早めに登録しておくと良いかもしれません。