2022年5月 tabikome ソーシャルレンディング投資記録 #22

公開日:

兼業投資家でwebライターのtabikomeです。

ソーシャルレンディング投資報告21回目をお届けします。

今回の内容は

・2022年4月現在のポートフォリオの紹介

・ソーシャルレンディング投資の配当金公開

・4月に投資したファンド

です。

私の周りでも投資をはじめる人が増えてきました。

株式投資や仮想通貨、FXなどさまざまな投資先がありますよね。

しかし値動きが激しい投資先はリターンが大きい分、リスクも伴うため万人向けではありません。

私は株式のデイトレードやスイングトレードをしており、損失が大きい日は数十万円が失われます。

そこでおすすめしたいのが『ソーシャルレンディング投資』です。

普通預金よりも利回りが高く、一度投資すればほったらかしで資産運用ができます。

株式やFXのように値動きを気にしなくてすむので、仕事に集中できます。

「個人投資家がソーシャルレンディング投資で、どれくらい配当金を受け取っているのか知りたい」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私のソーシャルレンディング投資の収益報告が参考になれば幸いです。

2022年4月現在のポートフォリオの紹介

この記事を執筆している2022年4月現在のポートフォリオは以下の通りです。

・LENDEX

不動産担保付きローンファンド 382号

・victory fund

浅草1丁目商業ビルプロジェクト

・CREAL

CREAL三軒茶屋

・わかちあいファンド

わかちあいスカイコート大津

・クラウドバンク

太陽光発電ファンド第2124号

・大家.com

1棟収益レジ押上-3期×ミライノベート買取予約権付

・CAMPFIRE Owners

不動産再生事業ファンド2号【特典付き】

外貨両替事業ファンド2号

・COZUCHI

中央区八丁堀 開発用地

銀座 EXITファンド

・アンシンバンク

インドネシアP2Pレンディング「Asetku」ファンド5号

インドネシアP2Pレンディング「Asetku」ファンド15号

・トモタク

トモタク11号ファンド

トモタクCF2号

・FUNDROP

FUNDROP 6号「東京都中野区」賃料保証×インカム

・TECROWD

TECROWD27号ファンドWhite House in Chaikina

・TSON FUNDING

SMART FUND23号(埼玉県さいたま市緑区Ⅱ)

・アンシンバンク

インドネシアP2Pレンディング「Asetku」ファンド17号

です。

償還されたファンドはありませんでした。

新しくポートフォリオに加わったファンドは

・TSON FUNDING

SMART FUND23号(埼玉県さいたま市緑区Ⅱ) 

・アンシンバンク

インドネシアP2Pレンディング「Asetku」ファンド17号

です。

ファンドの詳しい内容については後述します。

ソーシャルレンディング投資の配当金公開

2022年4月度のソーシャルレンディング投資の配当金を公開します。

金額は税引き後です。

LENDEX:2,534円

クラウドバンク:1,692円

わかちあいファンド:1,758円

CAMPFIRE Owners:1,588円

でした。

4月度の配当金の合計は7,572円です。

では、ここから4月度の振り返りをします。

LENDEXの配当金

税引き後配当金は2,534円でした。

CAMPFIRE Ownersの配当金

税引き後配当金は1,588円でした。

最近は投資キャンペーンを行わなくなりました。

CAMPFIRE Ownersは個人的に気に入っているサービスです。

また企画を組んでもらえたら、大きい資金を投資しようと考えています。

4月に投資したファンド

4月に投資申込みをしたファンドを紹介します。

TSON FUNDING/SMART FUND23号(埼玉県さいたま市緑区Ⅱ)

概要は以下の通りです。

・予定利回り:年率 5.0% (税引き前)

・予定運用期間:2022年5月9日〜2022年12月8日(214日)

・払い戻し期日:2023年2月8日

・優先劣後比率:90 : 10

この案件は埼玉県さいたま市にある新築賃貸住宅が投資対象です。

賃貸物件市場でも珍しいメゾネットタイプで、希少性があります。

対象物件が立地するエリアは近年子どもが増えており、ファミリーにとっても子育てしやすい住環境です。

コロナ禍においても公示地価は下落していません。

優先劣後システムを採用しており、優先出資90%、劣後出資10%と設定されています。

最近の不動産投資型クラウドファンディングによっては、優先出資割合が70%のサービスもちらほら見られるようになったため、高いとは言えません。

しかし、いくぶんかの安心材料にはなるでしょう。

ひとつ気になっている点は、払い戻し期日です。

運用期間は2022年12月8日となっているのにも関わらず、払い戻し期日は2023年2月8日となっていました。

つまり、運用が終了してから2か月ほど資金をプールさせてしまう期間があるのです。

2か月も配当金がつかないのは、正直もったいない気持ちで一杯です。

ただ、リスク分散としてさまざまなサービス会社やファンドに投資する基本方針があるので、仕方がないと割り切るしかありません。

あとは遅延や延滞などのトラブルがなければ満足です。

アンシンバンク/インドネシアP2Pレンディング「Asetku」ファンド17号

詳細は以下の通りです。

・予定利回り:年率10.0% (税引き前)

・予定運用期間:2022年5月12日~2022年8月11日(3か月)

・元本償還方法:契約終了時に一括償還

・担保:なし

・保証:あり(PT Akulaku silvrr Indonesia)

前回応募した「Asetku」ファンドの17弾目です。

なんと予定利回りが10%と大盤振る舞いをしてくれました。

アンシンバンクは開業1周年記念ということで、キャンペーンを行っています。

①新規投資家登録をした方にAmazonギフト券2,000円分プレゼント

②キャンペーン期間中に10万円以上投資した方に抽選で10名に10,000円分、20名に5,000円分のAmazonギフト券をそれぞれプレゼント

なかなかよい条件ではないでしょうか。

私は今のところ、アンシンバンクには100万円程度投資しています。

現在募集している4つのファンドは運用期間が異なるものの、予定利回りはすべて10%に設定されています。

募集金額はそれぞれ1,000万円とほかのソーシャルレンディングに比べて少ないですが、知名度が低いせいかほとんど集まっておりません。

当ファンドの運用期間は3か月と短く、償還予定日は8月22日と運用を終えてから入金まで10日程度と短いです。

リスクはあるものの、十分チャレンジしてもよい水準だと判断しました。

まとめ

2022年4月度の配当金の合計は7,572円でした。

3月と比較すると半分以下になったものの、配当金を受け取る時期は波があるため仕方がないですね。

今後も気になるファンドがあれば、積極的に投資していく予定です。

どんなファンドが組成されるのか、楽しみにしています。

同じ投資家の過去のレポート

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加