ソーシャルレンディング投資に関する手数料の安いサイトを一挙紹介!

公開日:

ソーシャルレンディング投資をするときには、それほど金額は大きくはないものの色々な手数料が発生します。

まず口座に入金をする時に必要な入金手数料です。

これは、ソーシャルレンディングサイトに支払う手数料ではなく、銀行に支払う手数料です。

一方で、ソーシャルレンディングサイトに支払う手数料が出金手数料です。

これは、ソーシャルレンディングサイトから自分の銀行口座に出金する時に発生する手数料です。

1回あたりの手数料の金額は数百円程度ですが、何度も入出金を繰り返していると、毎月数千円もの金額になることもあります。

それだけの数字になると、ソーシャルレンディングの収益を大きく損なってしまうことでしょう。

そこで、ここでは出金・入金手数料がかからないソーシャルレンディングサイトをご紹介します。

入金手数料が無料のソーシャルレンディングサイト

まず入金手数料がかからないソーシャルレンディングサイトです。

銀行口座からの入金手数料を0円にできるのは、SBIソーシャルレンディングだけです。

 SBIソーシャルレンディング

sbi

唯一入金手数料がかからないソーシャルレンディングサイトが、SBIソーシャルレンディングです。

その方法は、同じSBIグループの中の住信SBI銀行からの入金することです。

SBIソーシャルレンディングに投資するときには、必ず住信SBI銀行の口座を開設しておきましょう。

 その他のソーシャルレンディングサイトで入金手数料を無料にする手段は、ネットバンクなど毎月入金手数料無料特典がある銀行に口座を開設することです。

それほど頻繁にソーシャルレンディングサイトに入金しないのであれば、月3回程度まで入金手数料無料にできるネットバンクは数多くあります。

楽天銀行の場合、銀行口座を開き100万円以上の預金があれば、毎月3回まで入金手数料が無料になります。こういったネットバンクの口座を開設して特典を利用しましょう。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

出金手数料の安いソーシャルレンディングサイト

次は、出金手数料が無料であるソーシャルレンディングサイトのご紹介です。

出金手数料はソーシャルレンディング際にと支払う手数料であり、ソーシャルレンディングサイトにより出金手数料を取るサイトと、とらないサイトがあります。

LENDEX

LENDEX

LENDEXは、毎月何回も出金しても手数料は一切かかりません。

少しずつ出金しても良いですし、配当や返還されたお金をまるまる出勤しても手数料は0円です。さらに、銀行口座への反映も非常に早いです。

すぐにお金が必要になった時でも、銀行の営業時間内であれば即時自分の口座に入金されます。

LENDEX公式サイト

SAMURAIFUND

samurai

SAMURAIFUNDも出金手数料は無料です。

こちらも月何回も出金しても手数料はかからないので、お金が必要になった時にはすぐに出金されます。

SAMURAIFUND公式サイト

FUNDS

funds

Fundsは、他のソーシャルレンディングサイトと異なり、ソーシャルレンディングサイト内のマイページにデポジット口座がないという特徴があります。

そのため配当や償還が行われると、デポジット口座に入金されるのではなく登録している自分の銀行口座に直接入金されます。

その際の手数料は1円もかかりません。

Fundsで口座を開設していれば、自動的に自分の銀行口座に定期的にお金が入ってくるのです。

これはSBIソーシャルレンディングも同様です。

デポジット口座を設けていないソーシャルレンディングサイトは、出金手数料がかからないのです。

Funds公式サイト

クラウドバンク

クラウドバンク

国内第2位の募集実績を誇るクラウドバンクでも、日本円での出金なら、出金手数料はかかりません。

クラウドバンクで運用したお金を他のソーシャルレンディングサイトに投資したい、また一度銀行口座に戻して他の投資にお金を回したい時は、金額に関わらず出金手数料がかかりません。

ただし米ドルで運用していたお金は、両替もしくは外貨預金できる口座への入金となるので手数料がかかります。

クラウドバンク公式サイト

クラウドクレジット

crowd credit

海外案件を専門に取り扱っているソーシャルレンディングサイト、クラウドクレジットでは月一回の出金に限り、出金手数料が無料となっています。

月2回目以降の出金は770円と高額な手数料がかかってしまうため、クラウドクレジットで運用している場合、出金は月一回にとどめておきましょう。

月一回の出金しか行なわないのであれば、手数料はかからないのでコストを抑えた投資が可能です。

クラウドクレジット公式サイト

手数料は経費になることを忘れずに

ソーシャルレンディング投資において、入金手数料をはじめとした経費がかかってしまうことは避けられないこともあります。

この入金及び出金手数料は、ソーシャルレンディング投資に関する経費として認められています。

必ず毎月発生した手数料をチェックしておき、確定申告を行う際にはこちらを費用として計上するようにしましょう。

経費として計上しておけば、支払う税金をしなくてきますし金額によっては所得税率が変わってくることもあります。

節税できるポイントはきちんと押さえておきましょう。

まとめ

ソーシャルレンディングサイトへの投資の際、入金手数料を無料にすることはSBIソーシャルレンディングしかできません。

そのため、銀行口座ネットバンクの銀行口座を利用することで入金手数料を無料にしましょう。

出金手数料に関してはデポジット口座を設けていないソーシャルレンディングサイトなら、出金手数料は0円です。

また、その他にも出金手数料が無料にできるソーシャルレンディングサイトはいくつもあります。

お勧め3サイトは

です。

発生した入金・出金手数料などの経費は、必ず確定申告の際に計上して節税を行うことも忘れないようにしましょう。

このようなポイントを押さえておくことで、ソーシャルレンディング投資の収益性を高めていくことができます。 

 ソーシャルレンディングのお得なキャンペーン情報はこちら!

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加