SBIソーシャルレンディングの2020年3月期(第13期)決算公告の内容とは?

公開日:

2020年6月26日、SBIソーシャルレンディングが2020年3月期(第13期)の決算広告を行いました。

今回はその決算の内容を見ていきましょう。

SBIソーシャルレンディングの決算の内容

SBIソーシャルレンディングの決算公告では、貸借対照表と損益計算書がどちらも記載されています。

ここでは、

  • 貸借対照表
  • 損益計算書

の2つに分けて業績を見ていきます。

参考「2020年3月期(第13期)の決算広告」:https://www.sbi-sociallending.jp/assets/pdf/SL_BS_PL_13.pdf

出資預り金と貸付金は増加!累積赤字は黒字転換

まずは、貸借対照表から見ていきましょう。

  • 匿名組合出資預り金 約469億円
  • 営業貸付金 約421億円
  • 利益剰余金 3,278万円

「匿名組合出資預り金」は、投資家から預かった出資金です。「営業貸付金」は、融資残高(貸付残高)を意味します。

利益剰余金とは簡単に言うと、「会社が生み出した利益を、社内で積み立てた累計額」です。いざという時の貯金とも言えます。

第13期だけを見ても分かりにくいので、第12期と比較してみましょう。

  • 匿名組合出資預り金 約366億円
  • 営業貸付金 約331億円
  • 利益剰余金 △約3.1億円

参考「第12期の決算公告」:https://www.sbi-sociallending.jp/assets/pdf/SL_BS_PL_12.pdf
出資預り金は約103億円増加、融資残高は約90億円増加しており、順調に規模を拡大していることが分かります。

利益剰余金は第12期以前からマイナスになっており、赤字です。
ですが、

  • 第10期 △約6.5億円
  • 第11期 △約5.1億円
  • 第12期 △約3.1億円
  • 第13期 3,278万円

と累積赤字を減らし続け、第13期では黒字に転換しています。業績が好調なため、黒字転換できたと言えるでしょう。

約3.4億円の黒字

では次に、損益計算書を見ていきましょう。

  • 営業収益 約32億円
  • 当期純利益 約3.4億円

第12期については以下の通りです。

  • 営業収益 約25億円
  • 当期純利益 約2億円

「営業収益」は売上高を示しており、第12期よりも約7億円増加しました。

当期純利益は第12期よりも1.4億円増加し、増収増益(売上高と利益がどちらも前の決算よりも増えること)を達成しています。

まとめ

今回は、SBIソーシャルレンディングの2020年3月期(第13期)決算公告について取り上げました。

  • 当期純利益は約3.4億円の黒字
  • 増収増益を達成
  • 累積赤字は黒字に転換

など、業績が好調であることが分かります。

今後のさらなる成長に期待が持てますね。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加