利回り不動産が札幌駅で17号ファンドを発表!12月20日より募集開始!

公開日:

株式会社ワイズホールディングスが運営する不動産クラウドファンディングサービス「利回り不動産」が第17号ファンドを発表しました。

今回の新ファンドでは、札幌駅周辺の観光名所となる場所にある不動産になり、4号ファンドと同様な内容となっております。

この記事では、第17号ファンドの詳細と利回り不動産について解説します。

17号ファンドの詳細について

利回り17号案件

プロジェクト名 利回り不動産17号ファンド(札幌駅北口PJ第2回)
対象物件 ラ・パルフェ・ド札幌
募集総額 ¥6,300,000
一口出資金額 10,000円
運用期間 6ヵ月
予定分配率 7.0%
募集開始 2021/12/20 12:00〜2021/12/21
募集方式 抽選式

前述の高架化工事により駅の位置が都心部から後退しましたが、大通駅までは地下鉄南北線および東豊線でわずか1~2分です。
また、歩いても15分程度で着くので、便利なエリアであることは間違いありません。
高架化前の旧駅の跡地では再開発がおこなわれ、大型の商業施設や地下街が整備されました。
その結果、札幌駅周辺自体が大通地区・すすきの地区に匹敵する拠点へと成長しています。
駅の南西には北海道大学植物園、北西には北海道大学のキャンパスやその中に続く北大ポプラ並木といった観光名所があり、自然に恵まれているのが魅力です。

(引用:利回り不動産

1口10,000円からの出資が可能な不動産ファンディングとなっています。

今回のファンドでは「抽選制」での募集になっていますので、募集開始前に画面の前で待機することなくファンドへ投資できるでしょう。

利回り不動産とは?

利回り不動産は、株式会社ワイズホールディングスが運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

公式アンバサダーに芸能人の田村敦さんを起用している事でも話題になりました。

利回り不動産には「優先劣後出資を採用」「1口1万円から投資可能」の他に「ワイズコインが使える」という特徴があります。

ワイズコインとは、投資に使える利回り不動産の独自コインで、1コイン=1円として使用でき、ファンドへの出資契約締結後、自動的に現金化されて出資金として充当する事が可能です。

他のサービスにはないユニークなシステムを取り入れていますが、ワイズホールディングスには不動産投資の豊富な実績とノウハウもあります。

まとめ

利回り不動産が札幌駅での17号ファンド募集を12月20日に開始します。

人気の観光地周辺の不動産ファンドのため、多くの方が抽選参加することが見込まれます。

利回り不動産への登録がまだの方はぜひこの機会に会員登録をしましょう。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加