2021年3月 ぷらちなむソーシャルレンディング投資記録#2

公開日:

第二回目のレポートになります。

お世話になりますぷらちなむです。

第一回はひとまず自己紹介を兼ねて好きに自由に書かせてもらいました。

確定申告も終わったので一息ついたところですので、

今回は2020年のソーシャルレンディングの結果を振り返りをしたいと思います。

 

①SBIソーシャルレンディング

2020年度

損益 +189,000円

投資中元本 4,000,000円

 

まず最初に口座を作ったのはSBISLでした。

大手!親会社でかい!人気!っていくつかのサイトで紹介されていたのです。

最初はソーシャルレンディングが何なのかよくわからずに口座開設をしました。

開始5分もすれば埋まってしまう事に驚きました。

こんなに人気なのか!いそがねば!ってスマホ片手に震えましたね。

1月に口座ができてから初めて投資できたのは2月14日でした。

何度も不参加を繰り返していたので初回それぞれ2,000,000円で投資をしました。

 

 SBISLバイオマスブリッジローンファンド7号 名目利回り7% 運用期間27ヵ月(運用中)

 SBISL不動産バイヤーズローンファンド 35号 名目利回り5.5% 運用期間12か月(運用終了)

 

運用予定表がPDFがきました。

問題なければ予定表通り指定口座に入金があります。

元本は最終配当日に償還されるようです。

習うより慣れよ精神な私です。

ここでやっとソーシャルレンディングが理解できました。

とても丁寧にメールでのお知らせが届きます。

投資後は取引残高の報告、分配金振り込みの連絡、年間取引報告書などです。

やっぱり分配金振り込みの連絡は毎月うれしいですね。

投資案件二つ合計で毎月約18,000円前後が入金されてます。

 

SBIソーシャルレンディングは案件が少ないのと完売までの速度が速いのが難点です。

募集期間中にログインするのも大変です。

それだけ人気があるのはSBISLの看板なのか案件の内容なのか今でもわかりません。

利回りよりも回収できるであろう事での安心感での人気なのかもしれません。

現在まで毎月15日に問題なく分配金が入金されています。

不動産バイヤーズローンファンド35号は3月15日で分配金と一緒に元本償還の予定です。

2,000,000円が戻ったらまた次の案件に働いて貰いたいと思ってます。

12か月間お疲れさまでした。

SBI公式サイト

 

②クラウドバンク

2020年度

損益 +82,413円

投資元本 1,500,000円

つづいて口座を作ったクラウドバンク。

1,500,000円を口座に入れました。

最初に500,000円を3つに分けて投資をスタートさせました。

利息も融資が終わった元本もクラウドバンクの口座に入ります。

そのまま次の案件に投資を繰り返しています。

利回りを5%以上7%以下の範囲で投資期間半年前後を選んでいます。

 

 中小企業支援型ローンファンド第705号 500,000円 名目利回り6.6% 運用期間7ヵ月(償還済)

 中小企業支援型ローンファンド第707号 500,000円 名目利回り6.6% 運用期間7ヵ月(償還済)

 中小企業支援型ローンファンド第706号 500,000円 名目利回り6.6% 運用期間7ヵ月(償還済)

 太陽光発電ファンド第1780号 15,000円 名目利回り6.3% 運用期間4ヵ月(償還済)

 中小企業支援型ローンファンド第764号 14,000円 名目利回り6.5% 運用期間7ヵ月(償還済)

 不動産担保型ローンファンド第469号 14,000円 名目利回り5.1% 運用期8ヵ月(償還済)

 中小企業支援型ローンファンド第857号 1,455,000円 名目利回り6.7% 運用期間14ヵ月(運用中)

 水力発電ファンド第18号 53,000円 名目利回り6.1% 運用期間8ヵ月(運用中)

 

上記は2020年に投資をした案件です。

運用期間終了の案件はすべて元本が戻りました。

現在は2つの案件へ投資中です。

10,000円から投資可能です。

14,000円で投資してみましたが利息が1円とかになってしまいました。

 

2020年にソーシャルレンディングを始めてから世の中色々と変化がありました。

投資受付の案件にも変化を感じています。

始めた頃は再生エネルギーが多く感じました。

太陽光発電やバイオ発電などです。

最近はアメリカ不動産ローンが目立つように感じます。

資金をSBIソーシャルレンディングからクラウドバンクの口座に移行する予定です。

1年やってみて短い期間で終了して次の案件に投資を繰り返すようにしたいです。

20か月超えるような投資は不安がありますからね。

それとクラウドバンクのスマートフォンアプリが使いやすい。

入金しておけばいつでも投資できるのはありがたいです。

クラウドバンク公式サイト

③確定申告について

今年資産運用を始めてから初の確定申告にいきました。

ソーシャルレンディングは雑所得になると調べておきました。

年間損益計算書をプリントアウトして税務署へ向かいました。

コロナウイルスの影響で期間延長がありましたが、

2月中には済ませておきたかったので直接税務署で手続きをしに行きました。

整理券を貰い指定時間に再度入場です。

整理券には約1時間半後との指定がありました。

散歩がてら昼食を済ませておきます。

平日の昼間ですが結構沢山の人がきてました。

税務署の職員にソーシャルレンディングでの収益ですと伝えました。

ですが、未上場会社の配当金の括りですとの事。

事前に調べていた事は間違っていたのでしょうか。。。

株での配当金、売買利益、ソーシャルレンディング2社分の利益、

全てに住民税と所得税が引けれています。

その内の何%が還付されるのでしょうかわかりません。

勤め先の給与を入力し各証券口座の利益と税金を入力しました。

質問しながらやって2時間近くかかってしまいました。

指示を受けながら税務署のPCで打ち込みをした結果84,000円戻るようです。

まったく期待をしていなかったので臨時収入のようでうれしいです。

次回からは自宅パソコンでも確定申告できるので安心です。

隣の人はふるさと納税での申告で来ていました。

ふるさと納税に今年はチャレンジしてみようかな。

 

お金を働かせるって言葉がありますよね。

 

銀行口座に置いてきぼりではこの利益は無かったんです。

しかし、10,000円札一枚の力ではいい仕事ができないようですね。

お金は兵隊さんです。

いい働きをさせる為にも部隊の人数(金額)は必要。

大きい部隊を長期間仕事に出すのはやはり不安です。

一年やってみて自分自身の中での許容範囲が見えてきたと感じます。

今は小さい部隊を沢山作ってそれぞれ仕事に出す感覚があっていると思う。

翌年にはその仕事をねぎらってあげるまでが私の仕事。

50万円の部隊を10個作成して運用していく方向にしようと思ってます。

 

これからもソーシャルレンディングなどを上手く活用し利益を増やしていきたいです。

時代の変化に対応し価値のあるような投資をできたらうれしく思います。

同じ投資家の過去のレポート

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加