2022年2月NFTニュース

公開日:

1.日本の与党がNFTタスクフォースを発足し、仮想通貨関連の規制を強める

出典:平将明/ Twitter

日本は、1955年以来政権を握っている与党である自由民主党がNFT政策タスクフォースを立ち上げ、NFTの規制に動きを見せました。

民主党はツイッターの投稿で、正式に「NFTポリシーレビュープロジェクトチーム」と名付けられると述べており、「政府の成長戦略」と連携して機能するために、ブロックチェーンおよびNFT関連の事業運営を検討することが任務として決まりました。

そして、具体的な「政策提案」を作成するために、議論を行っています。

日本の仮想通貨セクターはすでに厳重に監視されており、世界で最も厳密に監査されている仮想通貨業界の1つです。

ただし、他のほとんどの地域の場合と同様に、NFTを取り巻く規制はこれまでのところ事実上存在していません。

このタスクフォースは1月26日に最初の会議を開催した、と党は明らかにしており、2005年から国会議員を務めている国会議員の平将明が議長を務めます。

彼は「先端技術に関する深い知識」を持っており、平井卓也前デジタル変革大臣からNFT固有の役職に任命されました。

平氏は、新しい投稿を公開してから「大量のフィードバックを受け取った」と述べ、Twitterフィードのフォロワー数はニュースに続いて「10,000人増加した」と述べました。

タスクフォースの議長も党自体もNFTの方針がどちらの方向に進むかを示していないが、平氏は彼のアプローチは成長とビジネスを促進するだろうとほのめかした。

多くの著名な文化的アイコンやプロデューサーが、日本のITや金融会社と同様に、すでに日本のNFTスペースの探索を開始しています。

国の新首相岸田文雄政府はすでにデジタル化にこれまで以上に重点を置いており、今年後半に「国家成長戦略」に着手する予定です。ブロックチェーンとNFTが重要な役割を果たす可能性があります。

ただし、平氏は、NFT固有のポリシーを策定するのは難しいかもしれないこと、そしてブロックチェーンと仮想通貨関連の規制をより広く検討する必要があるかもしれないとほのめかしました。

2.スヌープ・ドッグは『デス・ロウ』がNFTレコードレーベルになると発表した

出典 : Snoopdog

スヌープ・ドッグは、デス・ロウ・レコードの新しい所有者であり、最初のNFTレコードレーベルになる計画を明らかにしました。

スヌープドッグは業界でも有名人であり、「NyanDogg」という有名ミームを元にしたNFT作品を2枚購入しています。

「DeathRowはNFTレーベルになります」と彼は述べ、

「私たちはメタバースを通してアーティストを出します。メジャーで最初のインディーズレーベルだったときに業界を驚かせたように、メタバースで最初のメジャーレーベルになりたいと思っています。」

と述べました。

このニュースは、スヌープがブロックチェーンゲーム会社のGalaゲームズ と提携してニューアルバム BODR(Bacc on Death Row)をリリースしてからわずか1週間後の発表でした。

このアルバムは、GalaミュージックストアのNFTの隠し場所としてブロックチェーンに保存されました。

5,000ドルの価格で表示され、アルバムのGalaミュージックバージョンは、NFTとして17曲の1つと3つのボーナストラックを備えています。 

NFTは音楽業界で既に動いていると彼は述べており、ブロックチェーンには、すべてを変える力があり、アーティストとファンのため役に立つことを考えています。

また、彼はこのガラミュージックとの契約で、NFTの最前線に立つ意向を示しました。

その他にもさまざまな作品を購入している。アーティスト活動と並行してビジネスマンの顔を持っており、彼のこれからの動向に注目が高まっています。

3.銀行大手のJPモルガンが「メタバース戦略」の企業向けアドバイスを行う

JP morgan

米国を拠点とする銀行大手のJPモルガンは、メタバースがそのデジタル時代に合わせた新しいサービスとビジネスモデルの必要性をもたらすことを言及しました。

そして、この道を進むことに関心のある企業のために、JPモルガンはいくつかのアドバイスを作成しています。

銀行は新しいレポートで、メタバースに「私たちが精通している既存のサービスとビジネスモデルの一部は引き続き存在する」と述べ、JPMorganは、次のように述べています。

メタバースのすべてがすべてのビジネスに関連するわけではありません。しかし、探索する機会を利用することにはほとんどマイナス面はありません。」 

そして、さらに5段階のロードマップを提供しました。

1つ目の段階として、そもそも、銀行は、企業がメタバースのさまざまなセグメントについて学ぶ必要があることに言及しており、メタバースにはさまざまな解釈があり、ここの内容を超えて学ぶべきさまざまな角度があります。

さらにわ2段階目は、JPモルガンは企業にメタバースでのビジネスの潜在的な機会を評価するように促しました。

メタバースは多くの業界にまたがって拡大しますが、ビジネスに関連する機会があるかどうかを評価する必要があります。

3番目の段階では、銀行は企業がメタバースに積極的に関与することを提案しました。

それは、企業に「新しいチャネル、サービス、エクスペリエンス、デジタル商品、および資産を通じて創造的な消費者エンゲージメントを探求する」機会を利用して、企業が小規模から始めて迅速に行動するように導くことを求めました。

その後、銀行は、相互に協力し、彼らの進歩のペースをさらに加速させるメタバース生態系参加者のネットワークを構築および開発することが重要であると意見を述べました。

4.珍しい「エイリアン」CryptoPunkNFTは2300万米ドル相当のイーサリアムで販売された

出典:opensea.io

CryptoPunksコレクションは2017年半ばに作成され、Larva LabsStudiosによって設立されました。

同社は10,000個のNFTをリリースし、昨年、サザビーズが主催するオークションでCrytoPunksのアイテムが販売されたときにコレクションが歴史を刻みました。

そして、最近熱心なNFTコレクターおよびイーサリアム(ETH)の所有者は、 CryptoPunkトークンに2,300万米ドル相当のETHを費たことで、歴史をまた塗り替えました。

このCryptoPunk#5822というNFTは、 Chainという名前のブロックチェーン会社の責任者であるDeepakThapliyalに土曜日に販売されました。

Twitterで、Thapliyalは、Compound Finance(COMP)のレバレッジを使用して購入の支払いを行い、ETHトークンを保有したままにしたと述べました。

DappRadarの統計によると、トークンの現在の価値(754万米ドル)は価値は下がってますが、アイテムの希少性とコレクションの継続的な人気により、後日その価値が高まる可能性がありました。

彼はまた、コンパウンドとの2500万米ドル相当のDeFi債務を含む分散型ファイナンス(DeFi )活動に加えて、7200万米ドル相当の暗号資産とステーブルコインを利用しています。

CryptoPunksの販売活動は、多くの新しいコレクションと比較して比較的遅いとデータは示していますが、このような希少性が非常に高いCryptoPunk NFTが販売されると今回のように高額で取引される場合があります。

OpenSeaのデータによると、2月9日にカウボーイハットの類人猿が770万米ドル相当のETHで販売されました。

しかし、この作品#5822は、すべてのCryptoPunk作品の中で最も希少なものの1つであり、それは彼の淡い青色の肌は、彼が「エイリアン」であることを示しています。

この作品は、コレクション全体のわずか0.02%で共有されている属性であり、パンク宇宙全体のわずか5%のように、バンダナをスポーツしています。しかし、2017年には、彼はETH 8(USD 1,646)で販売しました。

5.世界最大の証券取引所であるNYSEはNFT関連の商標出願して、メタバースに参入した

 

NYSE

世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所(NYSE)は、米国特許商標庁(USPTO)に商標出願を行い、メタバースおよびNFTに参入しています。

商標弁護士のマイケル・コンドウディス氏は当初、ニューヨーク証券取引所が「メタバースにやってくる」と述べて、この申請を明らかにしました。

この申請は、「NYSEをNFT、暗号通貨、デジタル収集品、およびそれらを取引および交換するための市場に商標登録する」計画と捉えることができます。

2月10日に提出された新しい商標出願は、NYSEが「ダウンロード可能な仮想商品」、つまりNFTおよびNFT収集品シリーズ、デジタル収集品、デジタルトークン、およびデジタルアートの購入者、販売者、およびトレーダーにオンラインマーケットプレイスを提供することを意図していることを示唆しています。

さらに、「デジタル通貨、仮想通貨、暗号通貨、デジタルおよびブロックチェーン資産を送信、受信、受け入れ、購入、販売、保存、送信、取引、交換するためのソフトウェアおよびアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)」が含まれています。

別のセクションでは、商標には「仮想通貨の金融交換」を容易にする「暗号通貨取引サービス」が含まれています。

特に、これが何も何も何も米国証券取引所のNFTへの最初の進出ではなく、2021年初頭、NYSEは、 Spotify、Snowflake、Unity、DoorDash、Roblox、Coupangを含む6つの著名な米国企業の株式で行われた最初の取引のNFTを作成しました。

一方、報告されているように、アメリカのファーストフードの巨人であるマクドナルド は今月初めに11の商標出願を行い、仮想レストラン、カフェ、コンサート、その他の仮想サービス、商品、イベントに直接言及しています。

それ以前は、ウォルマートとクロックスは、仮想商品、デジタルアセット、NFTの提供を目的としていることを示唆する商標出願を行っていました。

 

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加