2022年4月 がっと個人投資家レポート(法人版)#3

公開日:

こんにちは!がっと(@gatsan_desu)です。

法人でのソーシャルレンディング運用報告、3回目です。

先月は法人設立から口座開設までの具体的な事務手続きを書きましたが、今月は実際の運用報告を行って参ります。

【目次】

  • 2022年3月までのソーシャルレンディング投資状況
  • 3月の投資振り返り
  • 3月の投資案件
    • 「円投資」オーストラリア不動産ローンファンド第6号
    • 不動産担保付きローンファンド 558号
    • ローンファンド 560号
    • 特別記念みんなの年金1号ファンド
    • TECROWD29号ファンド Three City Towers
  • 最後に

2022年3月のソーシャルレンディング投資状況

3月の投資状況は以下のとおりです。

累計投資額 4,000,000円
運用中 投資額 4,000,000円
運用中 案件数 5件
予定年利 260,333円
予定年利率 6.51%

運用金額は4,000,000円、累計投資額は4,000,000円、予定年利は6.51%です。

3月の投資振り返り

3月に入り、ようやく投資ができるようになりました。

今回は下記の4事業者、5案件に投資しました。

また、利回り不動産は口座開設済、COZUCHIクラウドクレジットも口座開設中です。

3月の投資案件

「円投資」オーストラリア不動産ローンファンド第6号

1本目は、クラウドバンクの「「円投資」オーストラリア不動産ローンファンド第6号」です。こちらの案件には、1,000,000円を投資しました。

本案件の条件は、運用期間10ヶ月、目標年利4.6%です。本案件は、オーストラリア不動産を担保に設定した貸付債権を裏付けとした信託受益権を取得するための代金および融資先の運転資金等に対して投資を行います。

こちらはオーストラリアの案件ですが、日本円で分配償還されます。

利回りは高くないですが、クラウドバンクらしい堅実な案件だと思い、投資しました。

不動産担保付きローンファンド 558号

2本目は、LENDEXの「不動産担保付きローンファンド 558号」です。こちらの案件には、2,000,000円を投資しました。

本案件の条件は、運用期間12ヶ月、目標年利7.0%です。

今回の融資先は2社です。

1社目は、神奈川県内の不動産事業者Hに対して、同社が新たに保有する埼玉県所沢市の一棟マンション(土地および建物)を担保とし仕入資金、7,000万円を貸し付けます。2社目は、埼玉県内の不動産事業者Lに対する運転資金1万円を貸し付けます。

LENDEXでは個人と同様、引き続き分散しながら投資していきます。

ローンファンド 560号

3本目は、LENDEXの「ローンファンド 560号」です。こちらの案件には、200,000円を投資しました。

本案件の条件は、運用期間12ヶ月、目標年利7.5%です。

今回の融資先は2社です。

1社目は、東京都内の不動産事業者Tに対して、同社が新たに保有する千葉県野田市の一棟アパート(土地および建物)の内装工事費用の一部、650万円を貸し付けます。2社目は、埼玉県内の不動産事業者Lに対する運転資金1万円を貸し付けます。

LENDEXでは先と同様の投資方針です。

特別記念みんなの年金1号ファンド

4本目は、みんなの年金の「特別記念みんなの年金1号ファンド」です。こちらの案件には、500,000円を投資しました。

本案件の条件は、運用期間12ヶ月、目標年利8.0%です。

投資先は、茨城県水戸市の一棟アパート「グランディール根本」です。

みんなの年金は初めて投資するのですが、分配金が6回来るのはいいと思いました。

TECROWD29号ファンド Three City Towers

5本目は、TECROWDの「TECROWD29号ファンド Three City Towers」です。こちらの案件には、300,000円を投資しました。

本案件の条件は、運用期間12ヶ月、目標年利9.0%です。

投資先は、カザフスタンの旧首都アルマティ市の中心である市庁舎から1km圏内に建設予定の商業施設と住居の複合施設「Three City Towers」です。

TECROWDの情報によると、アマルティ市の不動産市況については、下記のような状況だそうです。

  • 2022年2月現在、アルマティ市の中心エリア(アルマティ市庁舎から半径3キロ以内)では新築住戸の販売在庫(売れ残り)は当社グループが調べる限り確認できず、住宅需要が供給を大幅に上回っている状態
  • アルマティ市は、現行空室率からすると、オフィスの供給量は決して不足している状況にはありません。しかしながら、施工グレードの高いオフィス(平米賃料25USD以上のもの)や管理体制が整ったオフィスは非常に人気が高く、供給量が極めて不足している状況
  • 本プロジェクトは、このモンゴルのプロジェクトを遥かに上回る立地条件と施工グレードを兼ね備えており、開発段階である現在から大きな話題となっていることから、早期での高稼働が予想されます。

本ファンドは、プロジェクト第一期において、建築確認を取得するまでの短期運用型ファンドで、建築確認取得後に配当・元本償還します。

TECROWDは初めて投資しますし、海外案件なので不安もありますが、リスクを取っていきたいと思います。

ソーシャルレンディング投資状況

今回もソーシャルレンディングの投資状況をチェックしていきたいと思います。

全体の運用状況です。

累計投資額 4,000,000
運用中 投資額 4,000,000
運用中 案件数 5
予定年利 260,333
予定年利率 6.51%
  • 運用額は4,000,000円でした。
  • 予定年利は6.51%です。

仲介会社は、次の通りです。

投資額 件数 比率
LENDEX 2,200,000 2 55%
クラウドバンク 1,000,000 1 25%
みんなの年金 500,000 1 13%
TECROWD 300,000 1 8%
COZUCHI 0 0 0%
クラウドクレジット 0 0 0%
利回り不動産 0 0 0%
総額 4,000,000 5 100%

LENDEXを中心に入りました。個人でも投資を行っていた仲介会社を選びました。

運用期間の内訳は次のとおりです。

期間 投資額 比率 件数 比率
6ヶ月未満 0 0% 0 0%
6ヶ月 – 12ヶ月 1,000,000 25% 1 20%
12ヶ月 – 24ヶ月 3,000,000 75% 4 80%
24ヶ月 – 36ヶ月 0 0% 0 0%
36ヶ月 – 0 0% 0 0%
合計 4,000,000 100% 5 100%

1年以内の案件は全体の25%、2年以内が75%と全体的に中期目線です。できるだけいい条件の長い案件に投資したいと思っています。

投資開始以来の月次推移は以下の通りです。

2022
1月 0
2月 0
3月 4,000,000
4月 0
5月 0
6月 0
7月 0
8月 0
9月 0
10月 0
11月 0
12月 0
合計 4,000,000

引き続き投資を進めていければと思います。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

今月はようやく投資開始できたので、嬉しく思っています。来月以降も積極的に投資ができればと思っています。

それでは、また次回!

同じ投資家の過去のレポート

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加