Fundsが霞ヶ関キャピタルと新ファンド提供へ向けて取り組み開始

公開日:

1円から貸付投資ができる「Funds」を運営するファンズ株式会社は、霞ヶ関キャピタル(東証マザーズ上場)と新ファンド公開に向けた取り組みを開始した事を発表しました。

 

今回の目的

Funds は、個人が1円から企業への貸付投資ができるオンラインプラットフォームを提供しています。

一方の霞ヶ関キャピタルでは現在、物流施設開発を含む不動産コンサルティング事業の資金調達を目指しています。

今回、霞ヶ関キャピタルが「Funds」を利用する事で、不動産コンサルティング事業の資金調達チャネルの拡大及び知名度向上を目指すようです。

 

Fundsの特徴について

Funds では以下の特徴があります。

  • 1円単位での投資が可能
  • ファンドの平均利回りは1~3%台の安定型
  • 「Funds優待」を持つファンドもある

投資額は一円単位から始められますので、いきなり高額な投資を始めるのに抵抗がある人でも始めやすいです。

利回りは低い案件が多いですが、その分堅実に報酬を得られる可能性があります。

Fundsが運用するファンドはこれまでに貸し倒れ等は起きておりません。

また、投資特典として、一部のファンドでは「Funds優待」を提供しています。

 

霞ヶ関キャピタルとは

霞ヶ関キャピタルは、主に不動産コンサルティング事業、自然エネルギー事業を展開する企業です。

2011年9月に設立、2018年には東京証券取引所マザーズ市場へ上場しております。

今年に入って、金融商品取引業の登録も完了しています。

不動産コンサルティング事業をさらに飛躍させるべく、今回「Funds」の利用を発表したというわけです。

 

まとめ

「Funds」は、霞ヶ関キャピタルとの新ファンド公開に向けて、現在取り組みを進めております。

募集日時や金額などの、ファンドの詳細な情報については今後発表されますので、Fundsのこれからの投資案件に注目していきましょう。

もちろん、CrowdCross上でもFundsの新案件はどんどん紹介していきます。