Fundsと三井住友信託銀行が資本業務提携!ESG関連ファンドの実現を目指す

公開日:

2020年10月15日、Fundsを運営するファンズ株式会社は「三井住友信託銀行と資本業務提携を結び、新しい事業展開を開始する」と発表しました。

そこで今回は、

  • 両社が提携に至った背景
  • 提携の狙い
  • 今後について

などを紹介していきます。

提携に至った背景

まず三井住友信託銀行は、世界的に関心が高まっているESG・SDGsに関連するニーズに対して積極的な取り組みを行っています。その取り組みが評価され、2020年2月には環境省第1回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の融資部門で金賞を受賞。

一方ファンズ株式会社は貸付ファンドのマーケットプレイス「Funds」を通じて、

  • 個人投資家 上場企業に1円から投資可能な商品への投資機会を得る
  • 上場企業 資金調達チャネルの多様化、投資を通じたコミュニティの形成

などのサービスを提供しています。

今回両社が提携に至ったのは、上場企業に幅広いネットワークを持つ三井住友信託銀行と、柔軟な資金調達を提供可能なファンズ社を組み合わせることで得られる効果を期待してのことです。

提携することで、

  • 個人投資家 新たな投資機会を得る
  • 上場企業 従来にない資金調達が可能、投資を通じたファンの獲得

などを提供でき、社会的に大きな意義があるとしています。

ESG・SDGsとは

先ほどESG・SDGsという言葉が出てきましたが、どういう意味かご存じでしょうか?

まず、SDGs(エスディージーズ)とは”Sustainable Development Goals”の略で、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標のこと。

貧困や飢餓をなくすといった目標だけでなく、

  • エネルギー
  • 経済成長
  • 産業・技術革新
  • 消費・生産

などを持続可能にすることも目標に含まれます。これらの目標に、各国政府だけでなく企業も取り組んでいます。

そしてESGとは、

  • 環境(Environment)
  • 社会(Social)
  • 企業統治(Governance)

の略です。

ESGを意識して企業活動を行っていくことで、企業のサステイナビリティ(持続可能性)も向上し、SDGsの実現にも貢献できるのです。

提携の狙い

近年は、ESG・SDGsに配慮した投資商品への関心が高まっており、ESG債(資金使途を環境や社会貢献などの事業に絞った債券)の発行も国内外で増えています。

国内の市場規模は今後も拡大していくとされていますが、企業がESG債を発行するには格付けや認証取得の手間・コストがネックとなっている現状があります。

また、ESG債に投資できるのは主に機関投資家なので、個人投資家はなかなか投資できません。

そこで、ファンズ社と三井住友信託銀行が提携することにより、グリーン経営認証(※)などを取得した国内初の「ESG貸付ファンド」の実現を目指すとしています。

※グリーン経営認証とは、環境に優しい経営をしている事業者に与えられる認証

実現したESG貸付ファンドを活用することで、

  • 個人投資家 ESG投資の機会を得る
  • 上場企業 ESG活動や資金調達が促進される、企業イメージ向上にも期待できる

などのメリットがあります。

今後について

今後は、三井住友信託銀行の法人顧客にファンズ社を紹介し、

  • Fundsを活用したプロジェクトの提案
  • SDGsへの取り組みのサポート
  • ESG貸付ファンドに向けて、各種認証取得などのサポート

などを行う予定だそうです。

また、ファンズ社と三井住友信託銀行の強みを活かした事業展開の構想も進めるとしています。

まとめ

今回は、「Fundsを運営するファンズ株式会社と三井住友信託銀行が提携し、新たな事業展開を開始する」というニュースを取り上げました。

ESG・SDGsに関連するニーズに対して積極的に取り組んでいる三井住友信託銀行と、柔軟な資金調達を提供可能なファンズ社が提携することにより、「ESG貸付ファンド」の実現を目指すとしています。

Fundsでの「ESG貸付ファンド」が実現すると、

  • 個人投資家 ESG投資の機会を得る
  • 上場企業 ESG活動や資金調達が促進される、企業イメージ向上やファン獲得が見込める

といったメリットがあります。

ESG貸付ファンドは、実現すれば国内初となる取り組みなので、今後の動きに注目です。