「FUEL(フエル)」が、シノケンオーナーズファンディングと業務提携契約を締結!

公開日:

複数の不動産投資クラウドファンディングサイトを運営するFUEL(フエル)株式会社は、株式会社シノケンプロデュースの子会社である株式会社シノケンオーナーズファンディングと業務提携する事を発表しました。

FUELは2021年6月に新たに2つのサービスを立ち上げたばかりですが、今回もシノケンオーナーズファンディングとの業務提携によって、また新たなクラウドファンディングサービスを立ち上げる事になります。

この記事では今回の業務提携に至った背景とFUELについて解説します。

今回の業務提携に至った背景

今回の業務提携に関して、FUELは以下のように発表しております。

この度、FUELとシノケンオーナーズファンディングは業務提携契約を締結し、不動産投資クラウドファンディング事業を新たに開始いたします。シノケンオーナーズファンディングをファンド事業者とする専用ウェブサイトを開設し、アパート案件を中心にファンドを提供してまいります。今後はファンド提供に向けての準備を進め、サイト開設等の詳細はFUELコーポレートサイトにて改めてお知らせいたします。

引用:PR TIMES

今回も、これまでに立ち上げた新規不動産クラウドファンディングサービス同様に、新サイトを立ち上げ、主にアパート案件中心に扱うそうです。

FUEL(フエル)について

FUELは、個人投資家を中心に幅広い投資家層へ投資機会を提供するクラウドファンディング「FUELオンラインファンド」と「CRE Funding(シーアールイーファンディング)」を運営しています。

2020年2月より開始した「CRE Funding(シーアールイーファンディング)」は、日本で初めて物流不動産に特化したクラウドファンディングです。

「CRE Funding」についての詳細はこちらでも解説しております。

2020年12月より、「CRE Funding」に続く、2つ目の不動産特化型クラウドファンディング「FUELオンラインファンド」がオープン。

2021年6月に「DL FUNDING」と「高島屋ソーシャルレンディング」の2つのサービスを開始しました。

まとめ

FUELが株式会社シノケンオーナーズファンディングと業務提携し、アパート案件を中心とする新サービスを立ち上げます。

不動産クラウドファンディング業界におけるFUELの積極的なサービス展開はまだまだ止まりません。

今後発表されるであろうサービスの詳細と案件情報に期待しましょう。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加