FC FUNDINGの特徴とは?メリットやデメリット、会員登録方法も解説!

公開日:

少額で手軽に不動産投資できるので、人気が高まりつつある不動産投資クラウドファンディング。

FC FUNDINGは、2023年3月に開始した新しいサービスです。

ただし、新しいサービスなので、案件数や実績が少ないのがデメリットです。

そこで本記事では、FC FUNDINGの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説します。

また、会員登録の方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

FC FUNDINGとは?

運営会社「株式会社ファンドクリエーション」概要

不動産投資クラウドファンディング「FC FUNDING」を運営する、株式会社ファンドクリエーションの会社概要は以下のとおりです。

会社名 株式会社ファンドクリエーション
設立 2002年12月6日
資本金 100,000千円(株式会社ファンドクリエーショングループ100%子会社)
代表者 田島 克洋
所在地 〒102-0083

東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル5F

事業内容
  • アセットマネジメント事業
  • インベストメントバンク事業
  • 不動産投資事業
  • 海外不動産投資事業
  • 太陽光投資事業
  • 証券投資事業
  • 車両リース事業
  • 不動産クラウドファンディング事業
登録免許
  • 宅地建物取引業 東京都知事(4)第83523号
  • 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第998号
上場/非上場 東証スタンダード上場企業
関連会社
  • 株式会社ファンドクリエーショングループ
  • ファンドクリエーション・アール・エム株式会社
  • 株式会社FCインベストメント・アドバイザーズ
  • FCインベストメント・リミテッド
ホームページ 株式会社ファンドクリエーション

株式会社ファンドクリエーションは、東証スタンダード市場上場の100%子会社です。

FC FUNDINGのサービス概要

サービス名 FC FUNDING
初回募集開始日 2023年03月08日
累計案件数 5件
予定分配率(年利) 10%
最低投資額 1万円
募集方法 抽選式
優先列後方法 あり
種別 不動産投資クラウドファンディング

※2023年4月19日現在

FC FUNDINGの特徴・メリット

FC FUNDINGの特徴・メリットは、以下のとおりです。

  • 不動産のプロが運用
  • 上場企業グループ会社が運営
  • 小口資金からでも始められる
  • 個人投資家の累計投資額が1,700億円超え

それぞれの特徴・メリットを詳しく解説します。

不動産のプロが運用

「FC FUNDING」は、不動産投資のプロが運用するクラウドファンディング事業です。

運用実績は約100物件、総額1500億円以上と豊富で、投資家にとって安心で信頼できるサービスです。

FC FUNDINGが提供する投資機会は、過去に培ってきた不動産事業のノウハウを活かして厳選された物件で、良質な不動産投資を提供しています。

上場企業グループ会社が運営

2006年に上場した上場企業グループ会社です。

現在、ファンドクリエーショングループとして東証スタンダードに上場しており、長年にわたり培ってきた信頼と実績を活かし、FC FUNDINGにおいて安心して投資する機会を提供しています。

小口資金からでも始められる

FC FUNDINGでは、一口1万円から投資が可能です。

自分に合った金額で投資を始められ、従来の個人投資家には敷居が高かった投資案件にも参加できます。

個人投資家の累計投資額が1,700億円超え

運営会社である株式会社ファンドクリエーションは設立から20年を迎え、これまでに個人投資家から累計1,700億円以上を投資してもらっています。

FC FUNDINGではこの長年の実績と信頼を基に、個人投資家に満足してもらえるように投資機会を提供しているのが特徴です。

FC FUNDINGの注意点・デメリット

FC FUNDINGの注意点・デメリットは、以下のとおりです。

  • 投資先不動産についての情報収集
  • 実績が少ない
  • 振込口座はGMOあおぞらネット銀行のみ

それぞれの内容について確認していきましょう。

投資先不動産についての情報収集

「FC FUNDING」で投資先不動産を選定する際は、事前に情報収集を行うことが重要です。

具体的には物件の立地や周辺環境、物件の種類や築年数、賃貸需要などを調べ、適切な投資先を選定しましょう。

また、過去の運用実績や運営会社の信頼性についても確認することが大切です。

実績が少ない

「FC FUNDING」は、2023年03月08日に初回募集を開始した不動産投資クラウドファンディングです。

まだ始めたばかりで、投資できる案件が2つしかなく、実績も少ないのが現状です。

そのため「実績が少ないので判断しづらい」ので、不安を感じる方もいるでしょう。

振込口座はGMOあおぞらネット銀行のみ

「FC FUNDING」の振込口座は、GMOあおぞらネット銀行のみです。

そのため、GMOあおぞらネット銀行の口座を持っていない方は、新たに口座開設する必要があります。

FC FUNDINGの使い方

FC FUNDINGの使い方について解説します。

  • 登録方法
  • 投資する方法
  • 分配・償還の受け取り方

それぞれ見ていきましょう。

登録方法

「FC FUNDING」への登録方法は簡単で、以下の手順です。

  • 会員仮登録
  • 仮登録完了メール記載のURLをクリック
  • 本人確認書類の提出

まずは公式サイトにアクセスし、必要事項を入力して仮登録申請を行います。

登録に必要な情報は名前やメールアドレス、パスワードなど基本的な個人情報です。

仮登録完了後には「スマートフォンによるオンライン本人確認」か「ハガキ郵送による本人確認」を行います。

本人確認書類は、以下の1つが必要です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 個人番号(マイナンバー)カードの表面のみ

本人書類提出後に審査を行い、登録したメールアドレスに会員登録完了のメールが届きます。

投資する方法

「FC FUNDING」での募集方式は、以下の2つがあります。

  • 先着式
  • 抽選式

投資案件にはそれぞれの特徴やリスクがありますので、十分に情報を確認してから投資金額を決定してください。

応募方法の手順に従って行います。

  • 投資案件の情報を確認する
  • 投資条件を確認する
  • 投資金額を入力する
  • 投資を確定する

投資金額は最低1万円からとなっており、自分のライフスタイルや投資目的に合わせて金額を設定できます。

投資が確定すると、分配・償還の受け取り期限や方法などが記載された案内メールが送信されますので必ず確認してください。

分配・償還の受け取り方

マイページの入出金画面の「出金依頼」から、簡単に出金申請ができます。

出金申請を行わなくても、募集中のファンドに投資が可能です。

ただし、本登録時に設定した出金先銀行口座情報が誤っている場合は、当社から正しい情報の確認を行います。

また、お客様が出金依頼を行わなくても、所定の期間を経過すると自動的に出金されますのでご安心ください。

再投資される場合でも、入金の案内が送付されます。

FC FUNDINGの評判・口コミ

サービスが始まったばかりのサービスのため、評判・口コミが少ないです。
評判・口コミが更新された際には、こちらで紹介します。

FC FUNDINGのキャンペーン情報

FC FUNDINGでは、2023年4月19日現在、実施中のキャンペーンはありません。キャンペーン情報が更新された際には、こちらでお知らせします。

FC FUNDINGについてよくある質問

「FC FUNDING」についてよくある質問は、以下のとおりです。

  • 会員登録するのに条件はありますか?
  • 中途解約はできますか?
  • 退会する場合の手続き方法を教えてください。

それぞれの質問に回答していきます。

会員登録するのに条件はありますか?

以下に該当する方は、会員登録ができませんので注意してください。

個人のお客様の場合

  • マイナンバーをお持ちでない個人の方
  • 非居住者の方
  • 20歳未満の方
  • 75歳以上の方

法人のお客様の場合

  • 法人番号をお持ちでない法人の方
  • 海外法人の方

中途解約はできますか?

原則として、中途解約はできません。

ただし、クーリングオフ期間は、解約が可能です。

退会する場合の手続き方法を教えてください。

退会を希望の方は、まずマイページにログインし、お問い合わせ画面に進みます。

次に「お問い合わせカテゴリ」より「退会に関するお問い合わせ」を選択し、退会の連絡を入れます。

退会に費用はかかりません。

なお、退会を希望する場合には、投資しているすべてのファンドの運用を終了し、お預かり資産残高を0円にするための出金手続きを行う必要があります。

お預かり資産がある場合には、退会が完了しません。

まとめ

今回は、「FC FUNDING」について紹介しました。

不動産のプロが運用している不動産投資クラウドファンディングで、一口1万円と少額の投資が始められます。

2023年3月に始まったばかりのサービスですが、利回りが良いのが特徴です。

現在でも十分高利回りで運用しているので、今後も利回りが高く人気のある案件が出てくる可能性があります。

今のうちに無料会員登録を済ませチェックするのがおすすめです。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加