「FANTAS funding」が投資未経験者に利回りを上乗せする新規優待ファンドを組成を発表!

公開日:

FANTAS technology株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディング「FANTAS funding(ファンタスファンディング)」で投資をしたことのないユーザーに対して、通常の利回りに1.5%を上乗せする、新規優待ファンドを組成することを発表しました。

対象のファンドは2021年6月14日に公開予定です。

この記事では、今回のファンド内容とFANTAS fundingについて解説します。

新規優待ファンドについて

プロジェクト名 FANTAS check PJ(中古マンションプロジェクト)
募集金額 今後発表予定
利回り 2.5%(投資実績のない人にはさらに+1.5%)
募集期間 2021年6月20日前後を予定
応募方式 抽選式

注目なのは、FANTAS funding新規投資者には利回りが加算され、最大で4%になる事です。

これから投資を始めたいという人、FANTAS fundingにはまだ登録もしていないという人にぴったりの案件です。

FANTAS fundingでは、今回のファンド組成について、以下のコメントを発表しています。

新規優待ファンドの組成で、投資未経験者の利用の促進とユーザー層の拡大を図り、新しい資産形成の選択肢として、手軽にオンライン上で完結する不動産投資体験を提供します。

引用:PR TIMES

新規ユーザー獲得だけでなく、投資ユーザー層の拡大も狙っているようですね。

FANTAS fundingの特徴について

FANTAS funding(ファンタスファンディング)は、2018年から運用開始した投資型クラウドファンディングサービスです。

主な投資対象は、ワンルームマンションや、中古一戸建てがメインになります。

一口一万円からの投資が可能で、運用期間は3ヶ月から12ヶ月、予定利回りは1.0〜8.0%前後です。

また、FANTAS technology株式会社がプロジェクト全体の20%程度を劣後出資しているので、不動産価値が低下しても投資家の損失リスクを抑えられる仕組みになっています。

まとめ

FANTAS fundingで投資実績のない人は利回りが1.5%アップする案件を準備中です。

高利回りな案件ではないので、既存のユーザーにはちょっと物足りなくなってしまう内容ですが、新規ユーザーには嬉しいですよね。

気になる人は是非チェックしてみてください。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加