不動産投資クラウドファンディング「えんfunding」サービス開始!第一号案件も!

公開日:

株式会社えんホールディングスが、1口1万円から資産運用ができる不動産投資クラウドファンディングサービス「えんfunding(ファンディング)」のサービスを開始しました。

第一号案件の情報も既に公開中です。

この記事では、新サービス「えんfunding」の詳細と、第一号案件についてご紹介します。

「えんfunding」について

不動産投資クラウドファンディングサービス「えんfunding」は、マンションブランド「エンクレスト」の開発・販売・管理・賃貸・仲介を軸にグループ展開をしている株式会社えんホールディングスが運営しております。

クラウドクロスでは、これまでにも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、えんfundingでは主に賃貸市場でも人気の高いデザイナーズマンションを投資の対象としています。

そのため、単に人が集中する都心の物件というだけでなく、物件そのものに魅力があるからこそ投資対象としても非常に注目度が高いです。

サービスの開始は6月23日で、今回ついにファンドも公開される形で発表されました。

第一号案件の詳細について

プロジェクト名 えんfunding第1号ファンド【博多駅前】
対象物件 区分マンション1室
募集総額 1,344万円
一口出資金額 10,000円
運用期間 3ヶ月
予定分配率 9.0%
募集開始 2021年7月5日(月)9:00 ~ 2021年7月16日(金)23:59
募集方式 抽選方式

利回り9%とかなりの高リターンが期待できる案件になります。

尚、募集方式は抽選ですが、オープンした6月23日時点で事前登録キャンペーンを実施しており、初回ファンドの当選確率が2倍となっているため、既に登録済みのユーザーが有利のようです。

まとめ

「えんfunding」がサービス開始、第一号案件の情報を公開しました。

初回のファンドは利回り9%の高リターンが期待できます。

気になる人は、募集開始は7月5日から7月16日までの間の抽選なので、この間に登録を済ませておきましょう。

公式サイトはこちら

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加