キャピタルゲイン5.9%!COZUCHIが新宿事業用地ファンドを公開!

公開日:

株式会社LAETOLIが運営する不動産クラウドファンディング「COZUCHI」がキャピタルゲイン型(想定利回り6.0%)のファンドを2022年5月30日に募集を開始します。

今回のファンドは抽選型のファンドです。キャピタルゲイン重視型のファンドで想定利回り6.0%の土地の所有権および底地権の全てを投資対象としているファンドです。

この記事ではCOZUCHIが提供する「新宿区事業用地」のファンドと、COZUCHIについて解説していきます。

ファンドの詳細について

プロジェクト名  新宿区 事業用地(フェーズ1)
対象物件 都営新宿線「曙橋」駅 徒歩3分・東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩10分
募集総額 280,000,000 円
一口出資金額 10,000円
運用期間 12ヶ月
予定分配率 インカムゲイン0.10%
キャピタルゲイン5.90%
募集開始 05/30 19:00-06/06 13:00
募集方式 抽選

本ファンドは、新宿区曙橋エリアにある土地の所有権および底地権の全て、また土地に建つ区分建物の全8フロア中6フロア部分を投資対象としています。

本ファンドはフェーズ①として、残り2フロアにある2区分の区分所有者2名と交渉を行い、物件一体として売却する合意を得るまでを対象とするファンドとなります。

引用:COZUCHI

都心へのアクセスも便利なエリアでの不動産クラウドファンディング。

新宿区の東側に位置する曙橋エリアにある本物件は最寄りの曙橋から徒歩3分程度であり、東京の各エリアにアクセスしやすい好立地です。

また、投資対象である建物は築41年と老朽化が進んでいるため、建物の評価がほぼ0で、相場価格と比較して46%のディスカウントがされて仕入れができています。

そのため、高いキャピタルゲイン(想定利回り5.9%)で投資が可能となるファンドです。

まとめ

株式会社LAETOLIが運営する不動産クラウドファンディング「COZUCHI」がキャピタルゲイン型(想定利回り6.0%)のファンドを2022年5月30日に募集を開始します。

本ファンドでは、投資対象である建物は築41年と老朽化が進んでいるため、建物の評価がほぼ0で、相場価格と比較して46%のディスカウントがされて仕入れができています。

そのため、市場価格よりも安く仕入れて、高く売却ができ、高いキャピタルゲインを狙って収入が得られるでしょう。

COZUCHIでは、豊富なファンドの種類と運用実績が期待できるサービスを提供しています。本ファンドについてや最新の情報が気になる方はぜひこの機会に「投資家登録」をしておきましょう。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加