想定利回り10%!「COZUCHI」が人気エリア「銀座」で高配当利回りのファンドを募集!

公開日:

株式会社LAETOLIが運営する不動産クラウドファンディング「COZUCHI」がキャピタルゲイン重視のファンドを2021年12月9日に詳細を公開します

インカムゲイン0.1%+キャピタルゲイン9.9%の合計10%という高利回りファンドなので、是非検討してみてください。

この記事ではファンドの詳細と、COZUCHIとはどんなサービスを提供しているのかを解説していきます。

ファンドの詳細について

COZUCHI銀座EXITファンド

プロジェクト名 銀座EXITファンド
対象物件 JR山手線「新橋」駅から徒歩7分
募集総額 900,000,000円
一口出資金額 10,000円
運用期間 6ヵ月
予定分配率 10.0%(キャピタル9.9%、インカム0.1%)
募集開始 2021/12/9- 2022/12/13
募集方式 抽選

本ファンドは、JR山手線「新橋」駅から徒歩7分にある、物件を投資対象としております。売却によるキャピタルゲインを主に分配するファンドですが、既に売却契約を締結済みのため売却リスクは低いファンドとなっております。

本物件は銀座8丁目に位置し、JR山手線・京浜東北線「新橋駅」徒歩7分、東京メトロ日比谷線「東銀座駅」徒歩8分、ゆりかもめ・都営大江戸線「汐留駅」徒歩8分などとアクセスが良くニーズが高いエリアとなっております。

引用:COZUCHI

COZUCHIについて

COZUCHIとは、2019年に「WARASHIBE」というサービス名でスタートした不動産投資クラウドファンディングサイトです。

2021年9月にサービス名を「COZUCHI(こずち)」に変更しました。

運営会社はLAETOLI株式会社(旧:SATAS)で、不動産特定共同事業などを取り扱っています。

COZUCHIでは、「足元の収益性が高いだけでなく、中長期的に高い利回りを見込める物件であるか」を選定基準にしているとのことです。

そのため、多くの案件で「収益性・不動産価値の向上が見込める物件」が対象となっています。

リスクを分散するため東京3区(品川区・北区・荒川区)の計7戸の区分マンションを投資対象にしたファンドもあるなど、堅実な運用を重視する姿勢がうかがえます。

投資対象を分散することで、空室リスクを避け、安定した利回りの確保を狙うこと可能です。

まとめ

COZUCHIが新規ファンドを2021年12月27日に募集します。

今回はJR山手線「新橋」駅から徒歩7分にある物件を投資対象としておりと、投資先としての人気も高く、合計利回りの想定が10%と利回りが高いです。

抽選は2021年12月9日から12月13日となっていますので、会員登録がまだの方は抽選前に登録しておきましょう。

これを機にCOZUCHIへの投資を検討してみては如何でしょうか。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加