「ちょこっと不動産」が第2号ファンド募集開始へ!

公開日:

不動産クラウドファンディングサービスの「ちょこっと不動産」が、第2号ファンドの情報を公開しました。

ちょこっと不動産は、2021年3月にスタートした不動産クラウドファンディングサービスです。

注目のサービスとして、クラウドクロス上でもこれまでに何度も取り上げてきました。

第一号ファンドの詳細はこちらの記事からご確認ください。

今回は、6月11日に募集開始する第2号ファンドについての詳細をお伝えします。

第2号ファンドの内容について

 

ちょこっと不動産の第一号案件の詳細は以下になります。

プロジェクト名 ちょこっと不動産2号 花小金井
対象物件 ワコーレ花小金井
募集総額 9,520,000円
一口出資金額 10,000円
運用期間 6カ月
予定利回り 6.0%(年率・税引前)
募集開始 2021/06/11~2021/06/18
募集方式 先着順

優先劣後方式の採用(優先:70%、劣後:30%)およびマスターリース契約により、安定した分配金の支払い(毎月分配)と元本の安全性に配慮したファンドです。

引用:ちょこっと不動産

「ちょこっと不動産」では、そのネーミングの通り、1口1万円で不動産投資を始められます。

優先劣後方式の採用とマスターリース契約により、安定した毎月の収益と、元本の一部保証により、投資家へのリスクを抑えた投資が可能です。

ちょこっと不動産とは

「ちょこっと不動産」はWEBサイト上で不動産投資が行える、いわゆる不動産クラウドファンディングサービスです。

1口1万円からの投資が可能で、2021年3月1日にサイトオープンしました。

運営会社は株式会社良栄で、用地取得から市場分析、企画、設計、施工、アフターサービスに至るまで自社一貫体制で提供できる体制を整えた不動産のトータルプロデュース企業です。

ちょこっと不動産には、

  • 1口1万円から投資可能
  • ほったらかしで不動産投資ができる
  • 優先劣後方式でリスクを軽減
  • 運営会社は未上場
  • GMOあおぞらネット銀行を利用すれば出金手数料は無料

などの特徴があります。

投資初心者も安心の少額投資と高い収益性、そして優先劣後方式を採用し、投資家の出資元本の安全性を高めています。

また、運用対象の不動産が賃貸物件の場合には、マスターリース契約を結ぶので、さらにリスクが軽減されます。

ちょこっと不動産については、こちらの記事でも詳細に解説しております。

まとめ

ちょこっと不動産が第2号ファンドを発表しました。

6月11日から募集開始なので、これからちょこっと不動産への投資を検討されている方は早めの登録をオススメします。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加