2021年9月 あすかの ソーシャルレンディング投資記録#17

公開日:

こんにちは!主婦ソーシャルレンディング投資家のあすかのです。投資報告は、今回で17回目。

今月改めて計算してみると、なんと累計分配金額が1万円を突破していました!とても嬉しいです。

今回は2021年8月の投資記録ですが、

  • 今月投資した案件
  • 投資を検討した案件
  • 今月のソーシャルレンディング収入

などについてお話ししていきます。

今月投資した案件

今月は、以下の2案件に投資しました。

CREALの「CREAL上野」

この案件の対象物件は、上野のレジデンスです。

  • 想定利回り(年利) 4.5%
  • 想定運用期間 18か月

物件の所在地は「東京都台東区松が谷2-9-2」。

上野と浅草の中間に位置しており、

  • 東京メトロ銀座線「田原町」駅から徒歩約7分
  • 東京メトロ銀座線「稲荷町」駅から徒歩約8分

と利便性の高い立地です。近くには商店街もあるので、生活もしやすいかと。

運用期間は1年半と長いですが、

  • マスターリース契約による賃料保証
  • 利便性の良い立地
  • CREALのこれまでの売却実績

などの理由で、問題ないと判断しました。

ちなみに、Fundsで貯まっていた償還金をこの案件の投資に回しました(Fundsの出金手数料は無料)。私は楽天銀行を利用しており、CREALの振込先口座も楽天銀行なので、入金手数料が無料になる(同行間の振込手数料は無料)のが使いやすいですね。

クラウドバンクの「不動産担保型ローンファンド第606号」

最近はクラウドバンクが人気すぎてなかなか投資できていませんでしたが、投資できずに投資口座で遊ばせていたお金を全部この案件に投入しました。

「不動産担保型ローンファンド第606号」は、クラウドバンクでよく見る不動産案件です。

  • 目標利回り(年利) 4.6%
  • 運用期間 7か月

資金使途は「不動産取得資金、その他運転資金等」。


不動産担保が付いているので問題ないだろう、と判断しました。

この案件は、クラウドバンクでは珍しくクリック合戦にならずに投資できました。目標利回りが、クラウドバンクにしては低めだったからかもしれません。

クラウドバンクのファンド募集の事前通知サービスが休止に

8月30日に、クラウドバンクから「ファンド募集開始時刻の通知サービス等を一時休止する」という内容のメールが届きました。


一時的なものですが、事前通知サービスが休止になるとクリック合戦にならずに投資できそうなので私としては嬉しいです。

なかなか投資できないのでクラウドバンクを今後も利用するか悩んでいましたが、通知サービスが休止している間は投資を続けたいと思います。

 投資を検討した案件

今月、投資を検討した案件を紹介します。

  • CROWD BUILDSの「キャピタル型 第3号ファンド」
  • victory fundの「第4号 東上野3丁目プロジェクト」

CROWD BUILDSの「キャピタル型 第3号ファンド」

「キャピタル型 第3号ファンド」の特徴は、なんといっても想定利回り(年利)27%という利回りの高さ。しかも、想定運用期間は2か月と短め。

対象物件は、千葉県千葉市中央区にある投資用マンションです。

ぜひとも投資したかったのですが、CROWD BUILDSでは分配・償還の度に出金手数料がかかるデメリットがあり、今回は見送りました…。

ただGMOあおぞらネット銀行を利用していれば出金手数料は無料なので、GMOあおぞらネット銀行で口座を開設してからCROWD BUILDSの案件に再挑戦したいと思います。

victory fundの「第4号 東上野3丁目プロジェクト」

この案件の投資対象は、JR線「上野駅」から徒歩2分という極めて立地条件良い、土地付き建物でした。

  • 予定分配率 10%
  • 予定運用期間 8か月

予定分配率が高く、立地条件が良い物件が対象なので、良い案件だと思いました。

ただvictory fundでは最低投資金額が10万円からと、少額投資の私には少しハードルが高く、見送りました。もう少しお金を貯めてから再挑戦したいと思います。

なおこの案件は、実は募集停止になりました。victory fundのHPを見ても、この案件はもう載っていません。

当初は、既存のテナントが退去してからバリューアップを行う予定だったそうです。しかし新型コロナウイルスの影響により、テナント退去に時間がかかっており、当初の計画より数か月遅れているとのこと。数か月程度の遅れですが、投資家の配当に影響が出る可能性が僅かでもあるため、ファンドの募集を停止したようです。

投資家の配当への影響を考えてファンド募集を停止したのは、私としては良い判断だったと思います。このような対応に好感を持つ投資家は多いのではないでしょうか。

今月のソーシャルレンディング収入

今月は、4事業者から分配金を受け取りました。

Fundsからは、合計で169円。

クラウドバンクは、

  • 太陽光発電ファンド第2131号
  • 太陽光発電ファンド第2118号
  • 太陽光発電ファンド第2081号
  • 太陽光発電ファンド第2015号
  • 風力発電ファンド第241号
  • バイオマス発電ファンド第197号
  • 横浜市不動産担保型ローンファンド第26号
  • 香港中小企業支援型ローンファンド第62号

から合計で796円。

6月から償還金が増えていたので、それに合わせて分配金も減ったようです。

SBIソーシャルレンディングは、「不動産担保ローン事業者ファンド」から合計で106円。

CREALでは「アルカーデンシティリンクス新宿」から20円。来月からは、もう少し増えるはず…!

今月のソーシャルレンディング収入は、1,091円(源泉徴収後)です。

累計分配金額が1万円を突破

これまでの分配金額が1万円を超えているかも?と思い、計算してみると累計分配金額はなんと13,431円(源泉徴収後)でした!

  • Funds 1,939円
  • クラウドバンク 7,519円
  • Ownersbook 1,285円
  • SBIソーシャルレンディング 1,142円
  • SAMURAI FUND 1,277円
  • CREAL 269円

使い勝手の良さや利回りの高さなどもあって投資金額が多いため、クラウドバンクが断トツで分配金が多いです。

この調子で分配金を増やしていきたいですね!

WARASHIBEの「神奈川県 武蔵新城Ⅰ」が早期償還

WARASHIBEの「武蔵新城Ⅰ」はファンド運用終了日を2021年11月15日としていましたが、2021年8月20日に物件の売却が完了し、早期償還となりました。

この案件の想定利回り(年利)は10%で、キャピタルゲイン重視型です。

  • インカムゲイン 3.5%
  • キャピタルゲイン 6.5%

「不動産の売却が順調に進めば、高い利回りになる」という説明でしたが、届いたメールによると、売却後の概算値ではキャピタルゲインが約20.5%と大幅にアップしていました!

ということは、驚愕の利回り(年利)24%…?WARASHIBE、とんでもないですね。

もう少し出資金額を増やしておけば良かったと少し後悔しました…。来月には分配金がもらえるそうなので、楽しみです。

まとめ

今月は、WARASHIBEの案件の早期償還が一番印象的でした。利回り(年利)24%になるとは、すごいですね…。

また、これまでの累計分配金額が1万円を超えていたのには驚きました。私は少額で投資しているので分配金額は少なめなのですが、塵も積もれば山となるですね。この調子で分配金を増やしていきたいと思います。

 

同じ投資家の過去のレポート

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加