投資金額の0.5%分のAmazonギフト券プレゼント!「アンシンバンク」で実施中!

公開日:

サン・キャピタル・マネジメント株式会社が運営するソーシャルレンディングサービス「アンシンバンク」が、第1号ファンドへの投資をされた方に、投資額の0.5%分をAmazonギフト券でプレゼントするキャンペーンを実施中です。

この記事では、今回のプレゼントキャンペーンの詳細とアンシンバンクについて解説していきます。

キャンペーン詳細

キャンペーン概要 キャンペーン期間中に対象ファンドへの申し込みで、投資額の0.5%分のAmazonギフト券をプレゼント
期間 「Asetku」ファンド1号募集締め切りまで
条件 対象ファンドへの投資(キャンペーン前に申し込み済の人も含む)

キャンペーンの対象になるのは、インドネシアP2Pレンディング「Asetku」ファンド1号です。

日本ではまだ馴染みのないP2Pレンディングサービスですが、海外では広く普及しつつあり、成長著しい新興国のサービスなので、今後の伸び代にも期待できます。

ただ、今回のプレゼントキャンペーンの背景には、募集中の案件への資金がなかなか集まらないために実施した可能性があります。

ソーシャルレンディングは2021年5月に事業撤退したSBIソーシャルレンディングのニュースが大きく報道されたり、単純にまだ知名度の高くない新サービスという事も影響してそうです。

アンシンバンクについて

「アンシンバンク」は、サン・キャピタル・マネジメント株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

「成長著しい東南アジアをはじめ、多くの資金需要者と投資家の皆様との架け橋となるソーシャルレンディングサービス」

として、東南アジアなどを中心にP2Pレンディング等をするための資金を調達することを目的としています。

2021年5月にサービスを開始した新サービスです。

2021年で創業50年目を迎えるサン・キャピタル・マネジメント株式会社は、外国債券の紹介や金地金取引などを行っており、金融商品取引の実績は豊富なようです。

成長著しい東南アジアの事業に投資できるため、高いリターンを期待できます。担保は付いていませんが、連帯保証を付けることで投資家のリスク軽減を図っています。

まとめ

アンシンバンクが現在募集中の案件「Asetku」ファンド1号にて、Amazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

投資額の0.5%なので、投資額の多い人ほどもらえる金額は大きくなります。

気になる方は是非チェックしてみてください。

CrowdCrossからの4月の登録数No.1!

【年利8.0%】新興国向けの不動産クラウドファンディング 「TECROWD

4/15募集開始の2号ファンドが販売開始直後で完売。事前の無料の口座開設をおすすめします。

tecrowd

Twitterでは最新のファンド情報を毎日、LINEでは毎週金曜日に最新情報をお届けします。

友だち追加